コマ

KOMA

KOMA社は1938年の創業以来、世界で最初に急速冷凍技術を洋菓子・ベーカリー業界に導入したオランダのメーカーです。 一台の冷凍機で急速庫と保存庫という二つの異なった温度帯の管理ができるKOMA独自の 80/20システムが 現在の礎になっています。 1946年の初号機から70年以上の歴史を持つ80/20システム急速冷凍庫は、温度・湿度・気流が完璧なバランスで コントロールされ強力で高効率の急速冷凍庫と製品にストレスを与えない保存冷凍技術の融合は世界中で 高い評価を得ています。 KOMA製品には他に、プレハブ冷凍室や冷凍製品工場向けの、トンネル式フリーザー(KTR) ラックインタイプ 大型急速冷凍庫(IBF)などを製造しており、幅広い食品業界で活躍しています。 お客様の店舗または工場に最適な冷凍設備をKOMA社から提案させていただきます。

KOMA急速冷凍

80/20システム

急速冷凍システムと保存システムが完全に分離して機能します。エネルギーの80%は急速冷凍ユニットへ、残りの20%は保存ユニットへ。エネルギーを100%ムダなく生かすコマ社独自のシステムです。

サービス体制

冷却の最新技術の訓練を受けた、技術メンテナンススタッフはお客様のお役に立つ真のエキスパートです。メンテナンスで必要な部品は十分な在庫がKOMA羽田メンテナンスセンターで管理されており、迅速な対応ができるように努めております。優秀な技術者がKOMAのユニットの設置とメンテナンスを担当いたします。

最先端のテクノロジー

1938年創業。 長年培ってきたノウハウを生かし、質の高いKOMAの冷却・冷凍の独自のシステムを継続的に開発しています。コマの特長はそのままお客様の利益に結びつくシステムです。

凍結と保存を完全分離

80/20システムは急速冷凍と保存冷凍を1台の機械で機能させます。デリケートな風味を逃がさず、食品を大量にストックできるKOMA急速冷凍・保存ユニットは他の追随を許さないKOMA社独自の技術です。あらゆる食品と材料を急速に凍結し、保存に最適な温度帯で保存します。計画生産、人気商品の大量販売、さらには経費削減などにも抜群の威力を発揮。食品業界で大きな役割を果たしています。

乾燥を最小限に抑える保存庫

商品に直接風を当てないKOMAの保存冷凍技術は、フレッシュな作りたての風味『鮮度』 『質感』 『水分』を損なうことなく冷凍保存できます。商品を最良の状態でお客様に提供できます。

冷気を逃さず、完璧ロック

凍結・保存機能を分離してエネルギーを100%生かすと同時に、KOMAの高品質な(高密度・高圧縮)断熱パネル(80mm厚);熱電導率0.017で外気・外部熱を完全遮断し20%以上のエネルギーを節約します。もちろん、ドアロックも完璧、KOMAの冷凍庫は冷気を逃がさず、製品の品質も落としません。

組み合わせ自由のユニット方式

KOMAの冷凍庫には80/20システムの他にもさまざまな組み合わせが可能なユニット方式があります。需要の伸びに応じて、設備拡張が簡単にでき、合理的で経済的なシステムです。

Hシリーズ 急速冷凍庫

Hシリーズ

急速冷凍庫

KOMAの世界特許”80/20システム”は、食品の鮮度・品質を長期間損ないません。食品の風味と鮮度を維持するには、フレッシュな状態で急速冷凍をかけることがとても大切です。

Nシリーズ 急速冷凍庫

Nシリーズ

急速冷凍庫

Hモデルの80/20システムをそのまま受け継ぎコンパクトになりました。Hモデルのトレイ横2枚差しから、縦1枚差しに。使い易さが一段とアップ

ブラストチラー&フリーザー

IN FACTORY

  • ミストラルKCF

    Mistral

    KCFブラストチラー&フリーザー

    ブラストチラー&フリーザー

    シングルラック2台収納可能

  • ブリザードKTT

    IBF

    IBFブラスト&フリーザー

    ラックインフリーザー

    シングルラック8台収納可能

ブラストチラー&フリーザー導入のメリット

IN FACTORY

食品の安全性を向上

菌の増殖に注意

加熱調理した食品でも長い時間放置すると、菌の繁殖が進み、食中毒の原因となる菌が増殖する。細菌は30~40℃で最も繁殖しやすく、この細菌の繁殖を防ぐためには、食品をすばやく菌が繁殖しない温度まで冷却する必要がある。

食品の鮮度を保持

長期保存に最適

相対湿度を90%以上に保つことで、乾燥を防止する。KOMA保存庫は、極力製品に風を当てずに庫内で保存するため、製品の乾燥を防げる。急速冷凍では、エアーブラストとコンタククトの折衷方式で、効率良く、製品を凍結する。コンタクト方式は、冷凍する製品と熱を奪う冷却面(アルミトレイ)とが接しているため、その面から熱を奪い、長期保存には最適。

食品をすばやく冷凍

品質保持と時間短縮

製品内の水分をゆっくり凍らせると細胞内の氷結昌が大きくなり、細胞膜を物理的に破壊する。従って、水分等の内容物を細胞内に留めて置くことができなくなり、元々の物性と変わってしまう。一方、急速冷凍は短時間で凍結させるため、氷結昌の成長を最小限に抑えられ、製品の品質保持が可能になる。

食品をすばやく冷却

しとり感・鮮度・風味損失を回避

あらゆる食材を短時間ですばやく冷却するため、菌の繁殖の心配がない。 短時間での冷却により、製品にある水分ロスが少なく、品質の保持が可能になる。 急速冷凍にブラストチラー機能を兼ね備えたKCF、IBFは、冷却から凍結まですばやくできるマルチ機種。

生産性の向上

生産性の合理化面から

1・作り置きが可能なため、計画生産ができる。
2・少量多品種生産における製造の難点を緩和できる。
3・生産人員や製造設備の有効利用ができる。
4・品種ごとの製造ラインの組み換えが少なくなる。
5・曜日や季節による変動を緩衝できる。
6・作業時間が早くなる。

大容量高性能保存庫

インストア用プロダクト

  • Nシリーズ 急速冷凍庫

    SVHD-2

    ジェットストリーム

    冷凍保存庫(急速機能付)

    設置場所を選ばないコンパクト設計

  • Nシリーズ 急速冷凍庫

    SKHV-2

    ジェットストリーム

    チョコレート専用機(除湿装置付)

    モノセルATが、チョコレートの保存に最適な「温度・湿度」をコントールします。

  • Nシリーズ 急速冷凍庫

    RKVC-6

    ヴァリオサーモ

    急速冷蔵庫

    1台3役(冷凍・冷蔵・解凍)マルチタイプの冷凍冷蔵庫製品の特徴にあわせた最適な温度で保存できます。

  • ドウコンティショナー

    Sunriser

    ドウコンティショナー

    KOMAの優れた温度管理プログラムは他とは一味違う製品を演出します。

  • ドウコンティショナー

    Sunriser CDS

    ドウコンティショナー

    サンライザーCDSウォークインタイプのドゥコンディショナー生産量に応じた設計で、質の高い生産管理ができます。

トンネル式フリーザー / ターボランナー

IN FACTORY

  • ターボランナーKTR

    Turbo runner

    ターボランナーKTR

    トンネル式フリーザー 6m~24m

    クラス最大の冷凍能力を誇るベストセラー。

企業情報

Outline

  • 本社

    〒144-0051 東京都大田区西蒲田8-9-8

    TEL:03-5710-2701

    FAX:03-5710-2700

  • 大阪支店

    〒593-8325 大阪府堺市西区鳳南町1-2-2-1F

    TEL:072-275-2752

    FAX:072-275-2753

  • 羽田メンテナンスセンター

    〒144-0044 東京都大田区本羽田1-21-9

    TEL:03-3742-1081

    FAX:03-3742-1091

資料の郵送をご希望の方

KOMA JAPAN取扱製品・急速冷凍に関する詳しい資料をご用意しております。